正しい理論を理解しよう!加圧トレーニングとは?

筋力アップに必要なこと

筋力アップを実現するためには筋肉トレーニングをするのが一般的です。大きな負荷をかけて筋組織を破壊し、その修復を行わせる際にもともとの状態よりも強い筋肉が作られるという現象を利用しているのが通常となっています。筋肉トレーニングによる負荷は成長ホルモンを分泌させる効果があり、それによって筋肉の増強が促進されるのも特徴です。無酸素運動によって筋肉が酸欠状態になったのを感知して、身体が修復の命令を出すのが根底にあるメカニズムとなっています。

加圧トレーニングの基本理論

加圧トレーニングでは大きな負荷を筋肉にかけるのではなく、血流を制限した状態で軽い負荷を筋肉に与えるのが基本となっています。これが筋力アップにつながるのは、無酸素運動による酸欠状態を擬似的に作り出せる方法だからです。血流を制限することで酸素が筋肉にあまり行き届かない状態になってしまうため、身体にうまく修復の必要性を認識させることができる方法となっています。これが筋力アップにつながる加圧トレーニングの理論です。

フィードバック機構の有効活用

酸欠状態をうまく作り出す加圧トレーニングの理論は身体のフィードバック機構を巧妙に利用したものです。酸欠状態は過度な運動をした状態として身体が認識するため、その組織が本来あるべき状態に戻れるように血流を増加させるフィードバックが働きます。それが栄養と酸素を豊富に筋肉に供給することにつながり、修復を経て筋力アップが促されるのです。成長ホルモンも血流を経て届くため、他の組織に優先して成長ホルモンの効果も得られてよく筋肉が育つようになります。身体のフィードバック機構の理解が生み出したトレーニング方法なのです。

加圧トレーニングなら横浜を見つけようとする人が多い理由として、優秀なスタッフが数多く在籍していることが挙げられます。